ゲーム制作の始め方【初心者向け・開発環境を選ぶ】

ゲーム制作始め方

ゲームが好きならゲームを作ってみたいと一度は思うもの。

しかし「ゲームって一体どうやって作るんだ?」と方法が分からない人も多くいると思います。

というわけでゲームの作り方を探ってみたいと思います。

アナログゲームもゲームです

そもそもゲームはテレビゲームやスマホゲームだけではなくカードゲームやテーブルゲーム、ボードゲームなどアナログなゲームもたくさんあります。将棋や囲碁だってゲームです。サッカーや野球もゲームです。

「ゲームが作りたい」という大雑把な感じならデジタルなゲームだけにこだわらずいろんなジャンルを考えてみるのも良いと思います。有名ゲームプランナーの中にはゲームプランナー志望の学生にアナログゲーム制作をすすめる方もいらっしゃいます。

特に「ゲームは作りたいがプログラミングはやりたくない」という方はアナログゲームを作ってみるのが良いと思います。 カードゲームやボードゲームでもルールを作って遊ぶのは同じです。デジタルゲームと違うのはそのルールをプログラムで動かすかどうかくらいです。

もちろんデジタルゲームでは現実的に不可能なことも作ることができますが、しかし逆に実際に物を切ったり書いたりしてアナログゲームを作るのはデジタルゲーム制作にはない楽しさだと思います。

「とにかくなんでもいいからゲーム作りたいんだよ!!」という方はまずアナログゲーム制作を試してみることをおすすめします。

ボードゲームの作り方の良い記事があったのではっておきますね↓

プログラミングはしたくないがデジタルが良い

「プログラムは嫌だけどデジタルが良いの!!」という方にはゲーム制作ソフトというものがあります。 ゲーム制作ソフトを使えばほとんどプログラムをすることなくデジタルゲームを作ることができます。

ゲーム制作ソフトはとても便利ですが有料のものがほとんどです。

ツクール

「ツクール」は株式会社KADOKAWAが販売しているソフトです。ツクールはRPG、アクションゲーム、ライトノベルなどジャンルごとに特化されたゲーム制作ソフトが販売されています。

特にRPGツクールはかなり歴史が長く昔から様々な機種で販売されています。

作りたいゲームがRPG、アクション、ノベルのどれかに決まっているならまず間違いなくツクールが一番早いでしょう。

有料ですがゲーム制作ソフトでは利用者が一番多く情報も得やすいと思います。

Clickteam Fusion 2.5

Clickteam Fusion 2.5(CF2.5)は2Dゲーム用の制作ソフトです。

プログラミングを使わずにオブジェクト(キャラなど)を配置してコマンドを組み合わせて自由にゲームを作ることができるようです。

国内の個人スマホアプリ開発者にも利用者がいます。

こちら(http://prester.org/cf2.5/)にかなり詳しい解説があります。

GameMakerStudio

GameMakerStudioは2Dゲームに特化したゲーム制作ソフトです。

ゲームはドラッグ&ドロップという機能でプログラミングを使わずに開発できるそうです。またGMLという専用言語でプログラムでも開発できるようです。

ゲーム制作に必要な機能(グラフィックツール、マップ作成機能など)も一緒に入っています。

海外ではunityに次いで人気のゲーム制作ツールであの「undertale」もGameMakerStudioで作られているそうです。

利用はライセンス形式で目的によって料金も違います。他のゲーム制作ソフトより割高ですがその分機能が圧倒的なので本格志向の方向けです。ちょっと初心者には敷居が高いです。

また日本語での利用者が少なく解説サイトも少ないのがデメリットです(公式サイトも日本語対応していない(涙))。

無料ゲーム制作ソフト

ティラノスクリプト」や「ウルフRPGエディター」などが有名なようです。

有料ソフトの方が間違いなく高機能ではあると思いますが、「初めてだからお金は使いたくない」という初心者の方は無料のソフトを調べてみると良いでしょう。

スマホゲームアプリが作りたいならunity

「プログラムも必要ならやる!!」という気持ちがあって「作るなら絶対アプリ化」と考えているならばunityを使いましょう。

今のスマホゲームのほとんどはunity製と言っても過言ではないくらい個人開発者はunityを使っています。筆者のtwitterで相互フォローになっているゲーム開発者のほとんどはunityを使っています。

unityではほとんどどんなゲームでも自由に作ることができます。プログラミング無しでもゲームは作れるようですが本当に「何でも作れる」ようになるためにはプログラミングが必要になります。

unityが人気なのは高機能なこともありますがやはり「無料」で使えることが一番大きいと思います。

ただ個人的には「なんとなくゲームが作りたい」くらいの気持ちだと高機能すぎて操作を覚えられず挫折する可能性が高いんじゃないかと思います。

無料ですが志が高くないと難しいと思います。

ブラウザゲームという穴場

インターネットのサイトを閲覧するブラウザ(chromeとかsafariとか今このページ見てるソフトね)の上で動くゲームをブラウザゲームと言います。筆者が作ってるゲームもこのブラウザゲームです。

ブラウザゲームの一番良いところはPC・スマホ関係なくブラウザの上で遊べることです。そして自分のサイトがあればどんなゲームでも公開できることです(アプリストアのような審査なんてありません)。

しかし残念ながらブラウザゲームに関して「これ!」という人気開発環境がありません(-_-;)unityでもブラウザゲームは作れますがスマホでの動作は保証されていません。

とはいえ、個人的にはプログラミングを学んでみたい方にはブラウザゲームはおすすめです。ブラウザゲーム開発で主に使われるjavascriptという言語の使い方を覚えるとゲームだけでなくウェブサイトやインターネット関係のプログラムもできるようになるからです。将来幅広いことができるようになりたいと考えているならjavascriptでのゲーム開発もありだと思いますよ。

またブラウザゲームの公開には自分のサイトが必要になるので(投稿サイトに投稿するなら必要ないですが)サイトをカスタマイズする方法も一緒に覚えたりすると楽しいです。

 ブラウザゲームの開発について興味がある方はこちらに(ブラウザゲームが作れるゲームエンジン一覧)ゲームエンジンの紹介記事を書いてあるので良かったら読んでみてください。

個人的にはブラウザゲームが一押しです!(自分がやってるからね)

なにを作りたいかを考えることが大事

ざっくり紹介しましたが一番大事なことは「なにを作りたいか?」です。

ゲームもいろいろあります。作りたいものやりたいことをしっかり考えて有利な開発環境を選ぶこともゲーム制作の大事なポイントだと思います。

あと、ゲーム制作は簡単ではありません。ほとんどの人は完成させられず途中で投げ出してしまいます。

だからこそ自分に合った開発環境をしっかり調べて選んだ方が良いですよ(‘ω’)ノ

 

良かったら私の作ったゲームを遊んでみてね(‘ω’)ノ

同カテゴリー記事

記事の感想・コメント

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近作ったゲーム